Now Loading...

安心価格 -

坪単価?付帯工事?諸経費?って何?

安心価格イメージ

住宅の価格表示の仕方がいろいろあります。
例えば 家本体の坪単価が坪28万円と言うローコストメーカーで見積りを取ると総2階建 30坪(1階15坪・2階15坪)の場合

30坪×28万=840万円です。

しかし実際に見積りを取ってみると 税込で1512万と言う見積りが出てきます。

どうして840万の家が実際には1512万円掛かるのか?不思議ではありませんか?
坪単価28万がどうして50万になるのか、どうしてそんなに差が出るのか、そこに建築業界の非常識があります。

 実際には下記のようにオプション・付帯工事・諸経費等があり、思っていた以上に費用が掛かってしまい資金計画が狂ってしまいます。

ローコスト住宅メーカーの実際の金額はどのくらい?

【例 2階建 30坪の家の時】

ローコストメーカーの見積り内容(必要最小限での設定)

A.本体価格(低品質)30坪×28万 =840万
B.オプション(高気密・高断熱・デザイン・設備機器・照明器具 等) =200万
C.付帯工事(仮設工事・電気引き込み・水道引き込み・屋外水道工事 等) =200万
D.諸経費(設計費・申請費・構造設計・諸経費・検査費・印紙・登記費用 等) =200万
A+B+C+D=1440万+消費税(72万)=実質金額 ¥1512万

いったい家はいくらするの!?
一般の方には付帯工事・諸経費など解らないことだらけだと思います。
いったい坪単価とは何なのか、本体価格・付帯工事・諸経費とは何なのか不思議に思えるのはもっともです。

一般的に言われる坪単価とは、本体工事を坪数で割った価格を言い、付帯工事・諸経費を含まないのが多いので注意しましょう。それでは本体価格・付帯工事・諸経費・別途工事の内容をご説明致します。

本体価格以外の費用とは?

<建築本体工事費>とは

建築本体工事費は仮設工事、基礎工事、屋根、内外壁、ドア・サッシ等の駆体工事、断熱材、床、内装壁、天井等の内装工事、キッチン、バス、トイレなどの住宅設備機器 工事、電気、給排水、ガス、換気などの各種設備工事など家本体自体を言います。

<付帯工事費>とは

工事業者によっては本体工事に含まれる場合もありますが、通常は分離しています。それは現地状況に寄って金額が変わるので いちがいに価格が出せないところがあるからです。

 内容としては、

  • 屋外給排水設備(道路から建物までや、建物外周部の給排水工事)
  • 間接仮設工事費(安全BOX・ゲート・看板等)
  • 屋外電気工事(電気の引き込み工事) 
  • ガス工事 (都市ガスや、集中LPガスの配管工事) 

主に以上の内容ですがハウスメーカーによって内容は異なるようです。

第3者の10年保障<諸経費> とは


  • 契約時の印紙代(契約書は二部作成し、一部の印紙が負担になります。) 
  • 確認申請費用 
  • 表示登記費用 
  • 水道負担金(加入金) 
  • 設計費 
  • 地盤調査・地盤保証
  • 検査・申請費・諸経費
  • 火災保険などの保険費用

<別途工事> とは ※内容によっては掛からない項目もあります

  • 解体工事(敷地内に既存建物がある場合) 
  • 外構工事 
  • 地盤調査による地盤補強工事 
  • 空調工事費 
  • カーテン、カーテンレールなど 
  • TVアンテナ、ケーブルTV引込み 
  • 電話引込み工事(内部配管は本体工事に含みますが、NTTなどは基本的に本人申請で、配線工事は別途になります。)
  • その他オプション工事
  • インターネット配線、オール電化、床暖房、太陽光発電、造作家具工事などを言います。

本当に家を買う価格とはこれら本体価格・付帯工事・諸経費等を足した金額に更に消費税も入れた金額です。口先だけの坪単価で予算を決めず、必ず全て含んだ金額を踏まえた資金計画をしましょう。

後で予算が足りない、どんな仕様か解らないのに家を建てるのではなく、納得の仕様とデザイン・更に明解な見積書で確認しながら安心かつ納得の価格で契約しましょう。
一般的にローコストメーカーなどは全てを含んで説明すると、坪単価が高いイメージを与えるので 最初は最低坪単価広告で集客する傾向になっていますのでご注意して下さい。それでは実際に建てた家には住めません。 

「1000万円台の安心価格」コンテンツ一覧

  • 安心価格
  • 高品質で1000万円台
  • 明確な見積もり
  • トータルコミコミ価格