Now Loading...

構造 : 2×4工法とは?-スタンダード/ハイグレード共通 -

ツーバイフォーって一体どんなもの?
– モノコック構造による強固なつくりの家共通仕様

耐震性、耐火性、断熱性に優れたツーバイフォー

2×4工法は19世紀、過酷な気象条件の多い北米で2インチ×4インチの木材が多く使われていたため2×4(ツーバイフォー)と呼ばれるようになった工法です。その優れた耐震性は、世界有数の地震国である日本においても高い評価と信頼性によって普及しています。

オリジナル2×4イメージ図01

「阪神・淡路大震災」でも実証されたツーバイフォーの優れた耐震性。家全体を4面体の壁(垂直面)と、床 屋根(水平面)で構成するモノコック構造が地震や台風などの外部からの力を一点に集中せず面全体でバランスよく分散し強さを発揮します。
在来金物工法では接合部の金物が経年劣化で木が痩せてゆるみ、繰り返しの地震には弱いという欠点があります。

2×4住宅は、「耐震性」「断熱性」「気密性」「耐火性」「耐久性」「耐風性」「デザイン性」「居住性」「可変性」これら全てが揃った木造で一番の性能を持った工法です。

地震や台風の強風など外部からの力に強い構造

家全体を4面体の壁(垂直面)と、床 屋根(水平面)の6面で構成するモノコック構造。
地震や台風などの外部からの力を一点に集中せず瞬時に面全体でバランスよく分散し強さを発揮します。
もともとモノコック構造は、航空機用に開発されたもの。
その他に自動車(モノコックボディ車、F1カーなど)や鉄道列車(新幹線など)、スペースシャトル!などにも採用ている程のとても強固な構造体となります。

地震や台風の強風など外部からの力に対して、抜群の強さを持つ建築工法のひとつとなります。

詳しくは、「社団法人 日本ツーバイフォー建築協会」のページをご参照ください。

火事に強いファイヤーストップ構造

ファイヤーストップ構造イメージ

木造住宅は火災に弱いと思われがちですが、木の表面が炭化層となるため、燃焼してしまうことはほとんどなく、焼けても強度そのものは低下しません。
木そのものの耐火性に加え、1階2階や各室間の「火の通り道」をファイヤーストップ構造(上枠、頭つなぎ等)によりシャットアウトします。

コグマホームの家は準耐火構造に準ずる性能を認められた「省令準耐火構造」

住宅ローンの融資額や金利の優遇処置が受けられる他に、火災保険度もそれに準じて保険料を軽減されます。

すぐれた「断熱性・気密性」「耐久性」「耐風性」

「断熱性・気密性」「耐久性」「耐風性」の図

木材はもともと鉄の約350倍という断熱性を持ち、木材をふんだんに仕様している2×4住宅は、構造自体が優れた断熱性・気密性を持ち、更にそれを高める技術が投入されている省エネルギー住宅です。

湿気や結露への徹底した対策によって、2×4住宅は耐久性を確保。壁内に断熱材が充填されているため、室内外の温度差がゆるやかに緩和され、結露が発生しにくい構造となります。

2×4住宅の屋根は、全体が一面の構造体となっています。軒下からの強い吹上風が上がっても、屋根が持ち上がられにくい強固な構造です。

「デザイン性」「居住性」「可変性」

「デザイン性」「居住性」「可変性」のイメージ

2×4住宅の大きな魅力は「自由設計」です。面構造なので、柱のない設計で広々とした大空間を作ることができます。

気密性の高い2×4住宅は、音の出入りも抑える優れた遮音性能を備えています。炭人のプライバシーをしっかり守りながら敷香で快適な暮らしを実現します。

壁には階級壁とそれ以外の壁の2種類があり、耐久壁以外は変更が可能です。新築時に将来の増改築を考慮することで、リフォームもスムーズです。

さらにコグマホームでは、ハイグレードの2×4工法を考えオリジナル耐震2×4工法(ハイグレード仕様)を作りました→

長期優良住宅が標準!10のこだわり基本仕様

  • 基礎
  • 炭の防蟻材
  • 構造2×4
  • オリジナル耐震2×4
  • 制震
  • 高気密・高断熱
  • 遮熱工法
  • 安全・安心
  • 小さなこだわり性能
  • 長期優良住宅