Now Loading...

制震工法-ハイグレード仕様-

制震システムGVA[ジーバ]ハイグレード

地震の揺れを抑えさらに地震の後にも安心して住める制震装置

制震システムGVA[ジーバ]の特徴

GVA[ジーバ]とは、制震材を組み込んだダイヤモンド型の制震装置を建物に最適なバランスで設置するシステムのことです。制震ダンパー、フレーム形状、設置バランスなどシステム全体で最適なエネルギー吸収効果を建物に付加します。

制震システムの図

揺れを熱に変えて吸収する

吸収した振動エネルギーは、制震材の働きにより熱エネルギーに変換され消散します。

制震ダンパーの図

地震の揺れを最大70%軽減

揺れを最大70%軽減します。
巨大な地震から効率よく建物を守ります。繰り返す余震から粘り強く建物を守ります。

耐震システムGVAと通常の筋交えの写真

繰り返す余震に効果的

新築の時はとても丈夫だった建物も、何度か揺さぶられていると少しずつ損傷が重なり、耐力を低下させてしまい、初めの設計では耐えられるはずの地震で倒壊することも大いに考えられます。制震装置を設置したモデルは最大揺れ幅が72.5ミリ約70%揺れを軽減できました

耐震と制震の各々の特徴

耐震とは?
その名の通り、地震の揺れに対して材料及び工法の剛性(変形のしにくさのこと)で耐えることを目的としています。現在の建築基準法は、この耐震性能を高めることを目的にしています。
制震とは?
建物の剛性を高めるだけでなく制振装置によって減衰建物の剛性を高めるだけでなく制振装置によって減衰性能を 高め、地震の揺れを吸収し家屋に伝わる揺れを減少させることを目的としています。(※減衰性能とはこの場合、建物に伝わる地震の揺れを弱める力のことを言います。)

スタンダード/ハイグレード各仕様ごとに最適な断熱方法をご用意しました→

長期優良住宅が標準!10のこだわり基本仕様

  • 基礎
  • 炭の防蟻材
  • 構造2×4
  • オリジナル耐震2×4
  • 制震
  • 高気密・高断熱
  • 遮熱工法
  • 安全・安心
  • 小さなこだわり性能
  • 長期優良住宅

フリーダイヤル 0120-855-066カタログ請求