Now Loading...

超高気密+高断熱-選べるスタンダードorハイグレード仕様-

断熱性:長期優良住宅を考えた最高の次世代基準レベル

充填断熱(内断熱)と外貼断熱

充填断熱(内断熱)と外張り断熱のイラスト

充塡断熱工法(内断熱)は壁や天井の中に断熱材を充塡する方法で、外張り断熱は壁や屋根の外側から施行する方法。
コグマホームでは、さらに内外W断熱もあります。

気密性能(C値)の測定

C値とは隙間相当面積と呼ばれるもので、住宅の気密性を表します。(単位はcm²/m²)
これは、床面積1m²あたりにつき、どれくらいの隙間があるかということで、数値が小さいほど隙間がなく性能の良い住宅となります。

C値の画像

コグマホームの家は気密性能(C値)0.6が出ました!

コグマホームの断熱・気密性能は最高レベルをクリア

家電と同じように、家にも省エネレベルがあります。コグマホームの家の断熱性能は、温熱環境性能の最高等級である「等級4:次世代基準レベル」をクリアしています。

等級4 等級3 等級2 等級1
次世代基準以上 次世代基準未満
新基準以上
新基準以上
義務基準以下
義務基準以下

一年中そしてどこでも快適な家

当社の家は高度な断熱・気密化により、外気との無駄な熱交換がなく、冬場一度温めた空気は下がりにくく、夏は一度冷やした空気が上がりにくいので一年中とても快適です。
家をまるごと断熱しているため、トイレや浴室・洗面所との温度差が小さくなり、冬場のヒートショック(急激な温度変化による血管収縮)を未然に防止します。特にお年寄りや赤ちゃんなど安心して暮らしていただけます。

サーモ画像での比較

上の写真は 冬に室内の壁の温度を表したものです。一般住宅ではサッシの周り、壁の隅は温度が低いことがわかります。特にサッシ周りからの冷気の侵入が明らかです。
吹付け断熱工法の場合、外気の寒さをシャットアウトしていることがよくわかります。

家にも快適な環境

コグマホームの最大の特徴は「建物内はしっかり断熱、床下は通気でさわやか、人にも家にも快適な環境」です。
高気密・高断熱によって、人には快適な環境であっても、特に床下の木材の部分への通気や温度の悪影響が心配でした。当社の床下は基礎パッキン工法の通気と炭防蟻材の調湿機能により、家にとっても大変快適な環境です。高寿命の家が期待できます

断熱材で月々のコストが変わる

省エネグラフ

上のグラフは住宅の省エネルギー等級によって、どのくらい冷暖房のコストが違うかを表したものです。
しっかりと断熱をすれば、冷暖房のコストを抑えることができます。

 

吹付断熱 -ハイグレード仕様-ハイグレード

世界最高レベルの断熱材!
次世代創エネ基準最高等級(4等級)の高断熱高気密

断熱性の高い発泡型吹付断熱

発泡型吹付断熱の写真

ハイグレード仕様では断熱性が高く気密性に優れ、劣化しにくいノンフロン低密度硬質ウレタンフォームの発泡型吹付断熱を仕様しています。屋根裏には、100mm、壁には80mmの断熱材を吹き付けます。
ミスト状態(霧状)でスプレーをしますので小さな隙間も充塡され、継ぎ目のない断熱層ができます。この断熱材は99%が空気なので断熱材の劣化なく、無数の細い独立気泡で構成されているので、熱伝導率が低く、断熱効果はグラスウールの2倍以上と言われています。

軽いからお家に負担がかからない

硬質ウレタンフォーウは水発泡の硬質ウレタンフォームですので、非常に軽く躯体に負担がかからないため家が長持ちします。

音漏れのない静かな生活環境

発泡型吹付断熱の優れた気密性は、今まで隙間から入り込んできた外部の騒音や、気になる内部の生活音の漏れもシャットアウトします。フォームが構造材に密着することで、共振や反響も和らげます。

音漏れのないイメージ画像

環境性能にも優れています!

シックハウスの原因とされるホルムアルデヒドも含まれていませんので家族の健康にも安心です。
また、フロンを一切仕様していないので環境にも配慮した断熱材です。万が一の火事の際にも難燃処理をしたありますので安心です。

ピタッと着くから長持ち

吹き付け施工で100倍に発泡し、木材に対して半永久的に自己吸着します。そのため木材が伸縮しても脱落することなく、長期間にわたって性能を維持します。隙間のない断熱層を簡単に形成でk流とともに、機能性に優れた「高断熱」+「高気密」を実現します。

現場吹付の利点イラスト

ベーパーバリア(防湿気密シート)

内部結露を防ぐのが家の寿命を長くする秘訣

内部結露は、住宅の寿命を縮める恐ろしい現象です。暖房を仕様すると水蒸気が出て、目にに見えない水分が壁へと移動して外へ向かいます。そこで室内と壁の中の温度差で、結露します。これを内部結露と言います。湿気の多い日本では、必ずベーパーバリア(防湿シート)が必要です。

ベーパーバリアと言われる0.2mm圧のポリエチレンフィルム(気密シート)で、これを断熱材の上に張ることは、長期優良住宅の条件の一つとなります。手間がかかる作業なので、施工しない会社もあるようですが、この防湿気密シートを使用し、更に高気密化と湿気を壁の中に入れないようにして結露防止対策しようという考えで、高気密、高断熱住宅で結露がしない家を実現しています。

充填断熱 -スタンダード仕様-スタンダード

壁の中から健康を考える高性能断熱材

心地よい住環境を実現するためには、新築時にしっかり断熱施工をすることが大事です。スタンダード仕様が使うアクリアは、シックハウス症候群の原因のひとつといわれているホルムアルデヒドを含まない材料を仕様している断熱材です。

安心・快適な住環境を作る

断熱性能

高性能グラスウールは、一般のグラスウールに比べて繊維径が細かく、本数が多いので、断熱性能が更に向上しています。アクリアで高断熱・高気密を実現した家の中なら冷房を切った夜も冷房効果が長持ちし、経済的です。

断熱性能のイラスト

耐火性

万が一の火災にも燃えにくい特徴があります。
ガラスが主原料なので火に強く、燃えにくい材料です。

快適性

アクリアでしっかり断熱・高気密にした家なら魔法瓶のように暖房効果を保ちます。

健康

アクリアは、シックハウスの原因のひとつと言われているホルムアルデヒドを含まない材料を仕様しています。

環境

アクリアは、原材料の80%以上がリサイクルで、CO2削減に貢献した環境にやさしい断熱材です。

床断熱 -ハイグレード/スタンダード共通-共通仕様

気泡がとても細かく断熱性能が高い床断熱材
A種フェノールフォーム保温板を使用

床にも断熱性の高い断熱材

フェノール樹脂の熱伝導率のグラフ

当社が断熱材として使っているジュピーは気泡構造が100ミクロン以下の極微細。断熱性能熱伝導率が0.020W/m.kという最高レベルの断熱性を誇ります。
経時変化が極めて小さく、圧倒的な断熱性能を誇りますので、薄くても等級4を実現できるのです。

4つの性能

断熱性

断熱性能を表す熱伝導率。世界最高レベルの0.020W(m.k)で、他の断熱材と比較しても圧倒的な断熱性能を誇ります。

長期間断熱性能

他の断熱材に比べると、経年劣化が極めて少ないので、高断熱性能が長く続きます。

安全性

素材は熱に強く、燃えにくいフェノール樹脂。フォームは炎にあたると炭化しますが、燃焼時の発生ガスが少ないので環境にも良いです。ホルムアルデヒド放散等級はF☆☆☆☆。4VOC基準にも適合しているので、体に安全です。

環境性能

環境に優しいノンフロン発泡の断熱材です。
グリーン購入法の適合商品にもなっています。また独自技術によるマテリアルリサイクルの実施しています。

長期優良住宅が標準!10のこだわり基本仕様

  • 基礎
  • 炭の防蟻材
  • 構造2×4
  • オリジナル耐震2×4
  • 制震
  • 高気密・高断熱
  • 遮熱工法
  • 安全・安心
  • 小さなこだわり性能
  • 長期優良住宅

フリーダイヤル 0120-855-066カタログ請求