Now Loading...

なぜ、夢のマイホームが汚染環境の住宅になったの? -

汚染ハウス なぜ、夢のマイホームが汚染環境の住宅になったの?

現代の不健康ハウス

夢のマイホーム完成から数年のうちに病気・アレルギーのもととなる悪玉菌などの増殖場となってしまった住まいは、VOCやハウスダスト等・シックハウス症候群に侵される割合は新築4軒に1軒。
2001年報告の患者数は10年前の約10倍に増え、現状の数はもっと多くなっていると思われます。

理由
  • 酸性雨等の影響によって環境悪化での汚染物質が蓄積され腐りやすく、短命で不健全な天然木材の使用。
  • 防腐剤・木材保存剤・塗料・溶剤・接着剤など、化学物質を含んだ建材の多用。
  • 日本の高温・高多湿気候では、高気密・高断熱の洋風スタイルの通気性が悪く結露する現代住宅は、様匂なトラブルを発生させている。

さらに加速する地球温暖化、亜熱帯気候へ激変する環境も、新たな問題の要因となっています。

住まいの空気汚染現状

日本の室内で発生する力ビは60種類ともいわれています。
力ビ菌糸から発生する有害な揮発性有機化合物(VOC) や、ダ二の増殖により発生する、糞・死骸などの悪質物質(ハウスダスト)が室内に飛散しています。
また、建材・接着剤・塗料などによるシックハウスが、健康を害する空気をつくりだしています。
本来なら、天然木材などの特性効果で、抗菌など、悪性物質の抑制作用が期待されますが、その、自然の素材までもが酸性雨によって汚染され機能を充分果たせていません。