Now Loading...

あきる野市M様邸-基礎工事-

2010年6月4日

こんにちはnakanoです
今日もとても良いお天気ですね
さて、先日から募集をしていた『さくらんぼ狩りバスツアー』定員になりましたので
募集を締め切らせていただきました。
本当にたくさんの参加申込みありがとうございました。
また、秋頃にバスツアーが出来たらな♪と思っておりますので
今回ご参加できなかった方はぜひ、秋にご参加ください!
さて、本日はあきる野市のM様邸の基礎工事をレポート
基礎工事-遣り方-
建物を建てる前に、柱・壁などの位置、高さの基準となる水平線などを標示するため敷地に設ける仮設物です。
あきる野市M様邸基礎工事
基礎工事-割栗石(わりぐりいし)後に防湿シートを貼ります-
≪割栗石≫基礎コンクリートと地盤をつなぐために用いられる。
基礎工事は、コンクリート打ちから始まる。しかし、根切りしたところにいきなり
コンクリートだけを流し込むのではなく、割栗石と呼ばれる砕石を敷きその上から
コンクリートを打つことが多い。
こうすることでさらに頑丈な基礎が出来上がります。
あきる野市M様邸基礎工事
基礎工事-配筋工事-
基礎全体を鉄筋で配筋します。他社では、鉄筋の太さが通常10mmですが、
コグマホームでは太さ13mmを使用しますので、より頑丈な基礎が出来上がります。
そして、コグマホームではコンクリートの強度も通常より強度が強い物を使用しています
あきる野市M様邸基礎工事
基礎工事-防蟻工事-コグマホームの防蟻材は炭を原料とした、
人と環境にやさしい防蟻材「ヘルスコキュア」を使用しています。
あきる野市M様邸基礎工事
いよいよ建て方工事が始まりますよ〜
あきる野市M様邸基礎工事
始まると早いんですあっという間に家の形が出来てきますよ!
あきる野市M様邸基礎工事
さて、ここで2×4住宅について…
2×4住宅を建てる時に使用する釘は特殊な釘を使用します。
簡単に説明をすると、特別なペンキのようなものがついており、
打った時の摩擦でペンキが溶けて、中で適度に錆びるようになっているので
抜けづらいんです。
ここも地震に強いポイントです
(年月が経ち木がやせても抜けずらく、繰り返しの地震にもに抜けづらいんですから)
「面」で構成される2×4工法の壁…
そして2×4住宅も木を組み込んでいる部分もあり、
さらに特殊な釘を使用することによって、地震に強い家が出来上がります
そして、在来工法よりはコストがかかっています…
それだけたくさんの木を使うのです。
KOGUMA HOMEの家はローコスト住宅ではありません!!
コストはかかっています
コストを下げ低品質の物を造るのではなく、高品質でお客様が安心して長く住める家を
低価格でお客様にご提供しているのです。
私達スタッフは日々その努力をしております

-2×4工法・こだわりの注文住宅を1000万円台で-
kogumahome-logo

大人気KOGUMA HOMEの雑貨店jumee☆LoVe3
雑貨店 KOGUMA HOME