Now Loading...

太陽光発電 Q and A -

太陽光発電のよくある疑問にお答えします。

電力会社との手続きは?
基本的には、お客様と電力会社との契約となりますが、太陽光発電システム運転開始までに必要な全ての手続きは、必要に応じてサポートしますので大丈夫です。
屋根の修理や塗り替えのときはどうする?引越しや建て替えでの再設置は?
工事の状況によっては、モジュールや架台を取りはずす必要が生じる場合がありますが、再設置すればまた使用できます。移設の場合も、デザインや寸法が移設先に合うかどうかが問題になりますが、基本的に再利用は可能です。
操作が面倒なのでは?
煩わしい操作は一切必要ありません。太陽光発電システムは、日の出とともに自動運転を開始し、日の入りとともに自動的に停止します。また、時間帯や天候に合わせて売電、買電をコントロールするので安心です。
操作が面倒なのでは?
煩わしい操作は一切必要ありません。太陽光発電システムは、日の出とともに自動運転を開始し、日の入りとともに自動的に停止します。また、時間帯や天候に合わせて売電、買電をコントロールするので安心です。
寒い時期でも発電するの?
冬場や寒冷地でも太陽が出ていれば発電します。曇りや雨の日は、日射の強さに応じて発電します。ただし雪の場合は、わずかな積雪であれば積もった雪が溶けて滑落するので発電しますが、積雪量が多く、太陽電池に光が届かない場合は発電しません。
一般的な寿命は何年くらい?保証は?
太陽電池は可動部分がないので本質的に長寿命です。一般的な製品の期待寿命は太陽電池モジュールについては約20年以上、その他の機器で約10年程度となっています。メーカーの保証期間は、太陽電池モジュールは10年間、各機器は1年間というのが一般的です。電気設備なので、多くのメーカーが4年に1度の定期点検を推奨しています。
古い家でも設置できる?
一般的な太陽光発電システムの重さは、陶器瓦の1/3〜1/4程度と軽く、ほとんどの場合特に問題ありません。ただし、築年数や構造により補強が必要になったり、場合によっては設置できないケースも考えられます。
真南を向いた屋根でないとダメ?
真南がベストですが、東面や西面の屋根面へも設置できます。設置条件により異なりますが、南面を100とした場合、東・西面は80〜90%、北面は60〜70%です。また、ひとつのシステムで東・南などで分けて設置することも可能です。
お掃除はしなくていいの?
平均的な環境では、普段は清掃の必要はありません。砂埃などの汚れによる出力低下は5%以下で、雨風で洗い流されるとほぼ元の能力に回復します。ただ、鳥のフンやこびりついた落ち葉など汚損が著しい場合は、清掃したほうが良い場合もありますが、屋根に上がるのは危険ですのでご相談下さい。
台風や地震が来ても大丈夫?
しっかりと強度を計算して設置しますので、建物と同等の強度があります。よほどの大地震でもない限り特に問題はありません。

上記Q and Aにないご質問はお問い合わせよりご連絡下さい。

「太陽光発電・オール電化」コンテンツ一覧