Now Loading...

太陽光発電導入支援制度 -

太陽光発電導入支援制度

国が低炭素社会に向けた環境対策として行っている、
太陽光発電システム導入の為の「買取制度」や「補助金制度」をご紹介します。

太陽光発電の買取制度

太陽光発電システムにより家庭で作られた電力のうち、自宅で余った電力を電力会社に売ることができる制度です。 価格は普及状況等により毎年見直しが行われます。

買取制度の概要

  • 買取対象は余剰電力
    太陽光発電システムで作られた電力のうち自家消費せず余った電力が対象。
  • 買取期間は10年間で買取価格は固定
    設置する用途や年度毎に買取価格は異なりますが、それぞれ10年間固定して買取が行われます。
    (発電設備に変更がない場合)

買い取り制度のイラスト

詳しくは買取制度のホームページをご覧下さい。http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/

太陽光発電補助金制度

太陽光発電の飛躍的な拡大のために、国は一般住宅への太陽光発電システム設置を支援しています。

(平成23年度) 補助金額 48,000円(太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり) (期間は2011年4月12日(火)〜12月22日(木)) 補助金の適用には、設置工事着工前に申し込みが必要です。対象システム、申請方法など詳しくは一般社団法人 太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センターまでお問合せ下さい。 TEL:043-239-6200
http://www.j-pec.or.jp/

※自治体の補助金制度については、各自治体にお問合せ下さい。

「太陽光発電・オール電化」コンテンツ一覧

フリーダイヤル 0120-855-066カタログ請求